これから精神科医や臨床心理士なるにはと考えている方…

先日、映画で「アメリカは、アメリカというビジネスなんだ」という台詞を聞きました。
今、アメリカのバイオテクノロジー界では、新薬で相当な儲けるビジネスモデルが出来ているようで、
一つの新薬が2千万したりします。
少数の患者への有用な処方薬とはいえ凄い値段です。
一昔前にアメリカで暴利を得た精神薬の問題は今の日本で顕在化しているのは明らかで、
これから精神科医や臨床心理士なるにはと考えている方は
経済的には良くても厳しい矢面に立たされそうな気がします。
バイオテクノロジーはどうなりますかね。

バイオテクノロジーの基礎。水漏れ修理(ボソッ)。

うちが水漏れを起こしています(ボソッ)。
さて、今回は少し基礎知識を。
バイオテクノロジー【biotechnology】は、バイオロジーとテクノロジーの合成語で、
歴史は古く昔の稲作の品種改良もバイオテクノロジーと言え、
それらを含めると縄文時代にまで遡れます。
「20世紀における偉大な発見」と言われているペニシリンもバイオテクノロジーの産物で、
昔も今も人々を助ける偉大な分野なんです。
これからは、食糧問題などできっと色々な発表がされると思われます。
ただ、水漏れ修理は無理ですけども(ボソッ)。

赤水で修理を住まいる水道さんに

少しバイオテクノロジーから離れてしまうのですが、
中国の水質問題が深刻です。
ニュースなどから環境汚染も連日報道された大変なことは伝わって来ていますが、
水もその環境汚染の一つに数えられます。
飲料水としては使用不可能で、バスタブに水を溜めると黄色く見えるところも存在します。
私の家で前に、使っていない水道から赤水が出て住まいる水道さんに修理してもらい
綺麗な水が出るようになったという経緯がありますが、
中国の件はそう簡単に行かない様です。
技術の進歩も良いですが、生活の質の進歩が疎かになっては本末転倒です。

ウェルカムボードを結婚式場に運ぶ

近年は動物バイオテクノロジーへの期待が高まっています。
家畜などの食糧生産の効率化や医薬品研究の取り組みにも必要です。
日本の大学と中国の研究所との連携などもニュースになったりしていますね。
近頃中国との関係は微妙なところもあるのですが、
場所によってはあまり影響がないところもあるんです。
この話はまた今度。
さて、明日は友人の結婚式でウェルカムボードを結婚式場に
運ばないといけないので遅刻はできないのでお酒は飲まずとっとと寝ます!

FXの口座を開設する時に気にすること

ローラなど有名人がCMに出演していることで人々の興味も引いているであろうFXですが、
FX口座を開設する時には少し気にしておくと得しそうな情報をお伝えします。
ずばり、中国、アメリカ、ロシアなど外貨での取引がなるべく幅広い会社を選ぶといいと思うんです。
なぜかというと、例えばアメリカのバイオテクノロジー産業で大きな発明があったとしましょう。
もうお分かりですよね、あらかじめ本サイトなどで情報を仕入れておくと
チャンスをつかめる可能性があるんですよ。

持病で井之頭病院へ。考える最先端医療。

どんな時も最先端が素晴らしいとは、一概に言えないのは物も医療も同じです。
最先端の医療=新しいが故に長期的なデータは存在しないというリスクもあるからです。
良い例が、マスコミ発信の流行物で一時はもてはやされても
実は欠陥だらけであったなんて良くある話です。
こんな事を考えたのは、昔からの持病で先日、井之頭病院を訪れた際、
これ昔から同じ療法だなと思い、長い年月変わらないという事は
これがベストなのかなとも思ったのです。
とはいえ最先端の医療で根源が消えてくれれば
それに越した事はないとも思いましたが。いやはや。

太陽光発電のメリット・デメリット/DNA適性検査のメリット・メリット

解りやすい例で、現状の太陽光発電のメリットとデメリットは、前者がエコで後者がコスト。
今、話題のDNA適正検査。
中国では庶民間でも広まっているとか。
話題先行なうえ不安商品から研究機関に殺到とのこと。
しかしその精度や審議の不透明さに国が制約を設ける動きがをみせています。
私は国の制約をいち早く整えるべきだと考える一人です。
この商品が100%有効だとして、メリットは将来の保証。
デメリットは子供の意思の剥奪。
しかし現状100%ではないので太陽光のように割り切れません。
そもそもサンプル不足。
遊び程度なら良いですが、6万円で割り切れる親がどれだけいるでしょうか。

バイオテクノロジーの恩恵:競馬予想家の予想は5%

アメリカ政治の視野に、中国が必ず入るようになって何年になるでしょうか。
しかし、安い物を中国で作ってもらう事は、
まだまだ収まっていない状況からも貧富の差は中国内での社会問題になっています。
バイオテクノロジーに限らず、テクノロジーでも中国はアメリカに追いつけ追い越せですが、
それほど進化したテクノロジーの恩恵を直に受けられるのは各国で何%の人たちなんでしょうか?
この間、競馬予想を職業としている友人にふざけて予想して貰いました所
「5%位かな」と言っていましたが、良い所ついている気がしますね。

バイオテクノロジー産業と水道修理

アメリカのバイオテクノロジー産業は、昨年から久しぶりに活気にあふれています。
1990年代末くらいから、伝統的な製薬会社が
プロザックやバイアグラなどの新薬が大ヒットを生み、
製薬会社の業績に貢献していたのですが、
最近は続々とパテント切れとなっていました。
それとは対照的にバイオテクノロジー企業は、
長年の地道な研究開発の努力が実り、
やっと創薬に成功し始めたようです。
今後は水道修理のように、スムーズに市場に出回るように承認作業の短縮化が課題ですね。