職人を求人で集めてアメリカと中国への輸出品を製造する

バイオテクノロジーと聞くとアメリカが最前線のように感じますが、
実は中国も毎年多額の費用を研究費に投資しています。
バイオテクノロジー分野での中国の成長は目覚ましく、
この分野における特許取得数は中国が世界ナンバーワンとなっています。
このため、近年はアメリカと中国の2大巨頭が君臨する分野になりつつあります。
しかし、安全面や品質面ではまだまだ不明な部分が多いことも確かです。
品質と言えば、やはり日本です。
特に製造業における日本製品の品質は、長きにわたり世界ナンバーワンと言われています。
しかし、サブプライムローン問題以降製造業は不振に陥り、
日本国内では高い技術力を持っている職人が余っている状況です。
バイオテクノロジーはともかく、製造業の職人を求人で募集し、
アメリカと中国への輸出品を製造すれば、日本の明るい未来を見ることができそうです。

Leave a Comment