バイオテクノロジー産業と水道修理

アメリカのバイオテクノロジー産業は、昨年から久しぶりに活気にあふれています。
1990年代末くらいから、伝統的な製薬会社が
プロザックやバイアグラなどの新薬が大ヒットを生み、
製薬会社の業績に貢献していたのですが、
最近は続々とパテント切れとなっていました。
それとは対照的にバイオテクノロジー企業は、
長年の地道な研究開発の努力が実り、
やっと創薬に成功し始めたようです。
今後は水道修理のように、スムーズに市場に出回るように承認作業の短縮化が課題ですね。

Leave a Comment