バイオテクノロジーの恩恵:競馬予想家の予想は5%

アメリカ政治の視野に、中国が必ず入るようになって何年になるでしょうか。
しかし、安い物を中国で作ってもらう事は、
まだまだ収まっていない状況からも貧富の差は中国内での社会問題になっています。
バイオテクノロジーに限らず、テクノロジーでも中国はアメリカに追いつけ追い越せですが、
それほど進化したテクノロジーの恩恵を直に受けられるのは各国で何%の人たちなんでしょうか?
この間、競馬予想を職業としている友人にふざけて予想して貰いました所
「5%位かな」と言っていましたが、良い所ついている気がしますね。

Leave a Comment